いつものご飯を玄米に変えてみました

スポンサーリンク

年齢の事を考えたら食生活を変えたほうがイイんだろうなぁ・・・と思いつつ、
なかなか決心がつかなかったのですが、
思い切って、ご飯を玄米にしてみました!

玄米ごはん 

玄米というと、なかなか炊くのが難しそう・・・
と、いうのも 私が子供の頃、母が玄米にこだわり、圧力鍋でせっせと炊いていた姿を見ていたから。
でも、今や、炊飯器の炊き方のメニューに 『玄米コース』 があって、
面倒くさがり屋の私でも出来そう♪ってコトで挑戦してみました。

私が今回食べたのは、『残留農薬ゼロ・自然乾燥』された (農業生産法人)株式会社 マイセンさんの お試し用。

玄米ごはん

今年とれた新米だそうです。

玄米ごはん  玄米ごはん

マイセンさんのサイトで炊き方を見てみると・・・

とぐ時の最初の水は『軟水』で!と書いてあったので、
軟水を張ったボールに一気に玄米を入れて、

玄米ごはん

軟水の中で最初のゴミを取るようにかき混ぜてから研ぎました。

6時間は水に浸しておくとありましたので、研いで一晩水にひたして・・・

玄米ごはん  玄米ごはん

サイトには一合の米に一つまみの自然塩を入れるのが炊く時のコツとありましたので、塩を少々入れ、
水は、炊飯器の 『玄米メニュー』 で指定された水量に合わせて スイッチを入れました。

そして・・・炊きあがりましたよー!

玄米ごはん

玄米ごはん

品種が 『こしひかり』 ということで、一口摘み食いすると、こしひかり独特の甘さが口の中に広がって、とっても美味しい♪
玄米のイメージだったパサパサ感がありません。
これなら美味しくって続けられる!

玄米ごはん

玄米は米のモミガラだけを除去したもの。
お米の栄養をそのまま残してあるものです。
玄米は白米の六倍もの食物繊維が含まれている上、ビタミンも豊富。
また、白米よりも噛まなくてはいけないので、ダイエットにもつながるそうです。

今回、玄米を食べるにあたって色々調べてみると、
玄米の注意点に、『必ず無農薬の玄米を取り入れる』というものが目に付きました。
農薬を使って栽培したお米は 『ぬか』 に残留農薬が残っているそうです。
白米に無い、玄米の栄養価を担う 『ぬか』 は、玄米の大切な栄養になるのですが、農薬が残っていたら、とっても恐ろしいことです。
マイセンさんの玄米は、『微生物自然農法』で作られていて、『残留農薬ゼロ』を守っているということで、安心していただけます。
玄米を取り入れる時は、『完全無農薬』の玄米を取り入れるということが大切だそうです。

白米を玄米に変えるのは、健康上とても良いことだと思っていながら、なかなか思いきれなかったのですが、
今回マイセンさんの お試し用を食べてみて、簡単に美味しい玄米を取り入れられる事が分かったので、
これからは、玄米を健康を維持しつづける食品の一つとして活用したいと思います。

私が食べた玄米は>>>無農薬・残留農薬ゼロの安心玄米 マイセン

「感動の米」マイセン

コメント

タイトルとURLをコピーしました