種子島夢百笑の蜜芋で栗きんとんをつくってみた♪

スポンサーリンク

焼いて、そのまんま食べても、しっとりと美味しい 種子島夢百笑の蜜芋(みつ姫) 。
その種子島夢百笑の蜜芋を使って 栗きんとん を前々から作ってみたかったのですが、お正月に、とうとう作ってしまいました♪

材料は・・・

DSCN9515

焼いた種子島夢百笑の蜜芋 と 栗の甘露煮 のみ!

DSCN9517

DSCN9518

作っている過程を動画でご覧ください♪

ただ混ぜるだけ!

あまりにも簡単に作ってしまいました♪

DSCN9520

栗きんとんを作る時に、サツマイモの餡の色を良くするために、よく クチナシの実 を入れて、サツマイモを茹でますが、

種子島夢百笑の蜜芋みつ姫は、焼くと 綺麗な黄金色 になるので、

クチナシの実を使う必要もなく、ただ焼くだけで 本格的な栗きんとんができました!

また、栗の甘露煮のシロップを多めに入れることにより、餡がなめらかになり、
デパートで良く買っていた栗きんとんにソックリな味になりましたよ!

DSCN9533

左がシロップを足していないもの。
右がシロップを足したもの。

シロップを足した方が テカリ も出て、より本格的に見えます!

でも・・・

DSCN9539

水分が下に溜まってきます・・・
購入したものも、このように水分が溜まりがちなので、市販されているものは、シロップを多く使用しているんだと思いました。

で、二つを比較した感想ですが、

シロップが多いと、芋の味が薄れる!

です。 なので・・・

 ・芋感を楽しみたい方は、シロップを足さずに
 ・和菓子感覚で食べたい方は、シロップを多めに

が良いと思います。

どちらにせよ、種子島夢百笑の蜜芋(みつ姫 で作った栗きんとんは、とっても美味しかったです!
とってもオススメです!

HOMEへ▲

コメント

タイトルとURLをコピーしました